親戚のせいで貧乏生活でした。

親戚のせいで貧乏生活でした。 家族

父方の祖父母と同居していたのですがよく考えたら貧乏でした

それまで家は古いなと思ったことはありますが、貧乏だなと思ったことはありませんでした。

しかし小学生になると、お友達より服の種類が少ないことにきがつきました。

 

「また同じの着てる」と言われたり冬に夏用のズボンでバカにされたりしました。

高校の時は「教育ローンが借りれません」と言われて凄く凄く恥ずかしかったです。

 

何で家にお金がないのかがわかったのは、大人になってからでした。

母親が私に愚痴るようになったからです。

 

実は父の弟があちこちに借金をつくり、それを祖父母が肩代わりしていたこと、父の姉の旦那さんが働かず、そこの生活費を援助していたことを私に話ました。

 

そう言えば、父の姉の家族はよく家に来て、大量に食料品を持って帰っていたのを思い出しました。

 

私の食べたいお菓子もあったのにと思ったのを覚えています。

 

そして、たまに知らない大人の人が家にきて、祖父母が謝っていたこともありました。

 

祖父母も可愛い子供のために必死だったのかなと思いますが、小さいときに感じた恥ずかしさは今でも忘れません。

 

だから自分の子にはそんな思いをさせたくなくて、特に服は買いすぎてしまう傾向があります。

 

でももし子供たちが家庭を持ち、生活が苦しいと言われたら多分私も突き放すことはせず、援助してしまうのではないかと思います。

 

自分の生活を維持するのも難しくなるくらいではなく、自分の生活を守れる程度に援助したいなと思います。

コメント