離婚のゴタゴタで極貧どん底

離婚のゴタゴタで極貧どん底 家族

今から数年前、20代前半に離婚した時の事です。

まだ世間知らずだったということもありまた、我慢ということを知らず、離婚についても無知だった為に、飛び出すように話し合いの途中に部屋を飛び出してしまいました。

 

持つものも持たず状態だったので貯金通帳や印鑑、保険の証書など諸々も持って行きませんでした。

 

世間では丁度リーマンショックの後で会社も一時帰休中、そのため副業を本業の休みの日にはフルにしており、月の休日も1日から2日程度で働いていましたが、なに分通帳も持って来なかったので、給料日が過ぎても勿論1円も入ってきませんでした。

 

仕方なく相手方に頭を下げて必要経費を月に3万から4万を振り込んでもらっている状態だったので、ガソリン代とタバコ、酒でほとんど消えてしまっており、幸い実家に戻っていたので住むところは何とかなりましたが食費も入れられなかったのでご飯も無し。

 

なので体重がみるみる落ちて50キロ後半まで半年で落ちました。

 

自分が無知なのと、その状況から逃避したい気持ちでお酒に逃げてしまった自分が悪いのですが、流石に食事が職場の給食だけだとメンタルがおかしくなっていくのが自分でもわかりました。

 

何かアクションを起こす時には、知識とその先の道筋をしっかりと考えないといけないという事を学ぶ出来事でした。

コメント